カードローンの審査 に必要な書類?

カードローンの審査 に必要な書類

 

カードローン審査の申し込みに必要な書類は、本人が確認できる書類と、実際の年収が分かる収入証明書が必要となります。(貸金業法により)
この収入証明書ですが、いくつかの選択肢があります。

 

(多くのカードローンを取り扱う会社では・・・・)
源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与証明書のいずれかの提出を求められます。
この中の給与証明書ですが、直近2か月の給与証明書を求められることが多く、賞与があればその分も求められることがあります。

 

注意してもらいたいのが、勤務先名や総支給額、氏名、発行月日のいずれかが明記されていない場合は勤務先の社印を求められます。
その他の収入証明書の方が提出する私たちも楽だということが分かります。

 

本人確認書類について

 

カードローンを利用するには、カード会社の審査に通る必要があります。
銀行や消費者金融では、身分証明書の提示が必須です。

 

身分証明書と言っても複数あります。できれば顔写真の入ったもの(運転免許証、パスポートなど)がよいでしょう。
他にも健康保険証などもありますが、カード会社によっては「顔写真入りのものはありませんか?」と聞かれることもあるようです。

 

身分証明書になると言っても、保険証などは身代わりや紛失されたものが利用される可能性が否定できないからなのでしょう。
顔写真入りの身分証明書がなければその旨を話せばいいので、顔写真入りの身分証明書が無いからと不安になることはありません。

 

収入証明書について

 

カードローンを利用するのに、収入証明書の手続きが必要となります。
これは、貸金業法により規定があるので、法律に従って提出をしましょう。

 

勤務先が変わっていなければ、給与明細と一緒に渡される源泉徴収票、住民税決定通知書があればそれが一番よいでしょう。
また、確定申告書、所得証明書、給与証明書のいずれかでも提出は可能ですが給与明細書については、勤めている会社の給与明細によっては会社の社印が必要となります。

 

もし、源泉徴収票や住民税決定通知書が手元になければ、費用は発生しますが所得証明書が公的なものなので後々の面倒さがありません。
スムーズに借り入れがしたいのであれば、給与明細書という選択肢は最終的なものであると考えた方がよさそうです。